オフィスデザインを考える|企業の顔としてのエントランス

 

オフィスデザインというとスタイリッシュな空間や緑あふれる空間など、綺麗で、開かれたオフィス空間を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

毎日多くの人が行き来するオフィスですが、オフィスは誰のためのものか考えたことはありますか?

オフィスは社員が働く場所であり、お客様やお得意様が訪れる場所であり、入社を希望する人が訪れる場所です。

新しいアイデアが生まれたり、新しい商売が生まれたり、新しい出会いが生まれる場所です。

今のオフィスでは社員は心地よく働けているでしょうか。来客を気持ちよく迎えられているでしょうか。

オフィスデザインはそのオフィスに関わる人すべてに影響を与えます。
大企業だけでなく、中小企業やベンチャー企業においてもオフィス環境、
強いてはオフィスの果たす機能を重視する企業は増えています。

 

注目を浴びるオフィスデザインですが、企業ブランディングという目線でオフィスデザインを考えたとき、
エントランスがまず重要な役割を果たします。

 

エントランスはオフィスの顔

エントランスは会社を訪れた人が初めに目にする場所です。
初めて訪問されたお客様はエントランスでその企業の印象を決めるといわれています。
エントランスデザインは、会社を訪れる人に企業イメージを直感的に伝える役割を果たします。

例えば、オフィスを訪れた際、明かりも何もなく暗い雰囲気だったらお客様に与える印象は良いものではないでしょう。
逆に、明るい空間で、照明や壁紙、観葉植物などが華やかなものであれば、お客様に驚きと期待を与えることでしょう。

エントランスデザインはそのまま企業ブランディングに繋がります。
企業イメージの役割を持つエントランスを戦略的に組み立て、
オフィスデザインを考えることは、お客様との関係をより良いものにしてくれるはずです。

 

エントランスのイメージ戦略を考える

people-woman-coffee-meeting

エントランスデザインにおいて、イメージ戦略は重要です。
例えば、

・コーポレートカラーを用いて企業カラーを伝える
・重厚感、上質感から信用や安心感を与える
・淡い優しい色使いで親近感を与える

など、どのようなイメージをお客様に持って欲しいかによって、見せ方が変わってきます。

また、一般的なエントランスに留まらない活用方法もエントランスデザインへ付加価値を与えます。
自社製品を効果的に見せるショールームとしての役割やデジタルサイネージを利用した
情報発信、動画を使った自社商品の紹介など、手段は様々です。

 

オフィスデザインの重要性

エントランスデザインの戦略はオフィスデザインの一部に過ぎません。
見方を変えれば、エントランスデザインだけでも、そこを行き来する人に多大な影響を与えます。
統制のとれたオフィスデザインはそこで働く人に活力や興奮を与えます。
円滑なコミュニケーションは社員に生産性や創造性を与えます。
結果として、企業としての発展や信頼に繋がり、事実、多くの企業が成功を収めているのです。

 

 

オフィスラボ logo01

オフィスデザインなら、株式会社オフィス・ラボ

お問い合わせはこちら

ARCHIVE
関連記事
新着記事