NEW

オフィスデザインにおけるカラーコーディネートの重要性

 

こんにちは、オフィス・ラボです。

 

よくクライアント様からご相談を受けることの1つに「オフィスのカラーコーディネート」があります。

通常オフィスでよく使われている色として思い浮かぶのは、白い壁や白のパーテーション、薄いグレーのカーペット、青系統の椅子など、少し固い印象を受ける色が多いかもしれません。一方で、会議室や応接室は茶色や木目調などの濃いハッキリとした色合いが使われていることが多いです。人によっては、もっと明るい色や綺麗な色がいいのになぁ、などと感じられる方もいるかも知れませんね。

 

Creative Lounge MOV
<Creative Lounge MOV>

 

こうした、よくオフィスで使われている、白や薄いグレー、青系統といった色づかいは、
「オフィスの生産性を高める」といった意味で効果的であると言われています。
特に青系統の色には、気分を落ち着かせる効果や集中力を高める効果があり、
適度な緊張感を維持してくれる色としてオフィスのカラーコーディネートでは定評があります。

 

もちろん、業務を行うオフィススペースだけがオフィスのすべてではないので、
色の持つ効果をうまく使ってオフィス全体のカラーコーディネートをアレンジし、
オフィス全体の生産性を上げるための効果的な色づかいをしていくことが重要です。

次項目では「色の持つ効果と配色について」に着目してみます。

 

色の持つ効果と配色について

・青の力でクールダウン+集中力アップ

青

青色は「心を落ち着かせる」「集中力を高める」といった沈静と抑制を促す色です。

少し細かく言うと、青色の光が副交感神経を刺激し、脈拍や体温を下げ、
呼吸をゆっくりさせるという科学的な根拠に基づいています。

オフィスでは、長時間の集中力を助長させたり、冷静な判断を促進する色としてよく利用されています。

一方で、青色が良いからと言って、壁や床一面を真っ青な青一色にするのは逆に圧迫感があるかも知れません。
カラーコーディネートもバランスが重要なので、
例えば壁の一部分に青を取り入れるとか、パーテーションを青系統の色にするなど、
青色の雰囲気を上手くオフィスに取り入れていくことが重要です。

 

・グレーや茶色で意見をまとめる

グレー

グレーや茶色は「落ち着いた雰囲気を与える」「物事を受け入れやすくなる」といった調和を表す色と言われています。

オフィスにおいては、会議室などで利用されることが多い傾向にあります。
意見をまとめやすくしたり、会議の調和を計ったりする効果を狙うわけですね。

一方で調和ばかりだと、会議から何も創造されないという恐れもあります。
そんな場合は部分的に赤や黄色、オレンジ色などの強い暖色系の色を使うことで
「独創的なアイデア」や「先進的な意見」を促しましょう。
こうした色の強い暖色は「興奮」や「エネルギー」を生み出します。

 

・黄色やピンク、緑でリラックス効果を

緑※クレジット表記必要(@Creative Lounge MOV)
<Creative Lounge MOV>

黄色やピンク、緑などは人を元気にしたり、リラックスさせる効果のある色です。
緑などは観葉植物などをイメージするのがわかりやすいかもしれませんね。
黄色やピンクは自宅でも利用されている人もいるのではないでしょうか。
青やグレーなどオフィスで好まれる色は、確かに集中力を高めるなどのオフィスの生産性に寄与する色ですが、
オフィス全体を集中力を持続させる色一色にするというのも気疲れしてしまいます。
オフィスの中でほっと一息つける場には効果的に休息できる色を配色するのも重要なことと言えます。

 

オフィスデザインにおいての配色は重要

前述の通り、色には心理的に影響を与える様々な効果があります。

色一つの使い方で、働きやすいオフィスになるのか、
殺伐としたオフィスになるのかが左右されると言っても過言ではありません。

オフィスのカラーコーディネートにちょっと意識を向けることで、
オフィスの雰囲気は大きく変わり、働く社員のモチベーションや生産性も変わってくる可能性があります。

 

オフィス・ラボは、オフィスのプロとして、
多くのオフィスを見てきたからこそできるオフィスのカラーコーディネート対してのアドバイスができます。

是非、お気軽にご相談下さい。

 

オフィスラボ logo01

オフィスデザインなら、株式会社オフィス・ラボ

ARCHIVE
関連記事
新着記事