コミュニケーションのきっかけにも!オフィスのバレンタイン事情

 

こんにちは!オフィスラボです。

 

さて、2月14日は女性も男性も待ちに待った(?)バレンタインですね!

起源には諸説ありますがせっかくのイベント、思いっきり楽しんでみてはどうでしょうか。

 

 

最近はバレンタインといっても色々な「種類」があるのをご存知でしょうか?

下記に現在確認されている〇〇チョコの種類をピックアップしてみました。

皆さんはいくつ知っていますか??

 

・本命チョコ(本チョコ)

言わずと知れた大本命!女性から本命の男性に渡す愛のチョコレートです。

 

・義理チョコ

これは昔からあるので有名ですね。

「恋愛感情はないけれど、しょうがないからやるか」的なチョコです。

 

・友チョコ

少し前からメディアでも紹介されていますので、ご存知の方も多いのでは?

主に女性同士の友達に送り合う(送る、ではなく送り合う)、チョコレートです。

 

・逆チョコ

これは…知っていますでしょうか。

男性→女性に送る愛のチョコレートです。色々拡大解釈されてきていますね。

ちなみにホワイトデーはホワイトデーであります。

 

3

 

ところで、オフィス内のバレンタイン、皆さんはどんな準備をしていますか?

何点かオフィスならではの気配りが必要な点もありますよ。

 

 

女性の気配り

 

①意中のあの人は人気者!?

「しっかり準備したし、手紙も書いたし、後は当日を待つだけ!」

中には2月14日をXデーと考えている人もいるかもしれません。

でも実はその人には他の人も気があって…

最悪の場合今後の社内の空気が悪くなってしまうなんていうことも…

社内のそういった情報も把握しておきましょう。

 

②流行りの友チョコでコミュニケーション

友チョコをする女性は年々増えている気がします。

中には男性社員に渡す義理チョコよりも

友チョコの方が手が込んでいるなんていうことも。

でも、特定の仲のいい友達だけでなく、

普段あまり話す機会がないような同性の社員と

コミュニケーションをとるチャンスではないでしょうか。

 

 

男性の気配り

 

①そわそわしない

義理とはわかっていても、2月14日前はどうしてもそわそわしてしまうのが男性のサガ。

ただ、そわそわしてしまうと女性社員に「あげたほうが良いのかな」など余計な気を遣わせてしまうことも。

ドーンといつも通り過ごし、もしチョコレートをもらえたら「ありがとう」と爽やかにお礼をいいましょう。

 

②不自然に優しくならない

いますね。2月に入った途端、気が利くようになる男子。

甘いものが好きアピールも同時に行われます。

これも女性の負担になるのでやめましょう。

 

③要求しない

「今年は何くれるんだー?」上司にたまにいます。

オープンにしておけば大丈夫と思っている「もらえる前提の男性社員」。

心改めましょう。

笑い話ですめばカワイイものですが、見方を変えればパワハラ。

あげる方としても「この人に義理チョコあげたら、あの人にもあの人にも…」となかなか大変なんですよ。

 

-----------------------------------------------------------------------------------------

 

女性にしても、男性にしても、バレンタインは一大イベントです。

どうしても普段と違う空気が漂いますよね。

 

それに、バレンタインデーや3月のホワイトデーのように、

社内の異性に贈り物を堂々とできる機会ってなかなか社会にでるとありませんよね。

たとえ義理チョコだとしても、

普段あまり話すことのない人との接点になることにはかわりありません。

こうしたイベントは実は社内のコミュニケーションを円滑にするのにも役立っているんですよ!

 

普段なかなか話す機会のない人との話すきっかけとして、

あまり言えない「ありがとう」の感謝を伝える機会として、

(もちろん普段からありがとうを伝えている人も沢山いますが)

オフィスである、仕事仲間である、ということを忘れずに当日を楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

2

 

ARCHIVE
関連記事
新着記事