仕事場だって多種多様!目的別に選べるシェアオフィス

 

 

こんにちは、オフィス・ラボです。

前回までは、シェアオフィスに焦点を当てて、「ダイバーシティが推進される今、働き方の多様性に合わせて働くスペースも多様化している」ということをご紹介してきました。

 

今回は、「どんなシェアオフィスがあるの?」という疑問にお答えしていこうと思います。

 

印刷ができて、電源があって、ネットが使えて…というのはもう昔の話。

今は本当に様々なコンセプトのシェアオフィスがあり、目移りしてしまう程です。

あなたの仕事力をアップさせるシェアオフィスも見つかるかもしれませんよ。

 

 

とにかくオープンでオシャレなシェアオフィス

 

皆さんが想像するシェアオフィスのイメージに最も近いオフィスかもしれません。

基本的にフリーアドレスデスクを採用したオフィスは、

隣で知らない人が全然違う業界の仕事をしているということも珍しくありません。

イメージとしては、広いスター◯◯クスで、みんなが思い思いに仕事をしている感じでしょうか。

 

休憩できるソファやビジネス雑誌、

ドリンクコーナーなどが設けられていることも少なくありません。

観葉植物があることも多い気がします。

 

私語禁止のワークスペースや

コミュニケーション大歓迎のコミュニケーションスペースが分かれていることもあります。

 

 

オープンでオシャレなシェアオフィスの例:

Creative Lounge MOV(渋谷)
http://www.shibuyamov.com/

mov

 

 

 

 

ミーティングや打合せに最適なシェアオフィス

 

複数人でのミーティングや打合せ、

時には中規模なセミナーなど、人が集まるときに役立つシェアオフィスもあります。

 

特徴的なのは、充実した設備です。

会議室、プロジェクター、印刷用のコピー機など、

ミーティングに必要な設備は一通り揃っていることがほとんどです。

中には、壁一面がホワイトボードになっている会議室があるところもあるようですよ。

 

 

Connecting the Dots Co-working x Share office(新宿・代々木)
https://dots.bz/

connectingthedots

 

 

 

 

24時間利用可能なアクセス抜群のシェアオフィス

 

ひと昔前、時代の寵児と言われた起業家は

時間を問わずネットカフェで仕事をしていたと聞いたことがあります。

そんな彼らがこのシェアオフィスを知ったら羨ましがるかもしれません。

 

このシェアオフィスの特徴は、

都内の一等地にオフィスを構える利便性の良さと、

24時間オープンしているという時間的な自由さです。

 

もちろん、シェアオフィスなので、

夜の1時だろうと2時だろうと仕事をしている人はしています。

ちょっと心が折れそうなときも周りに頑張っている人がいれば、もうひと頑張りできそうですね。

場所も、渋谷や銀座など、アクセスの良い場所にあります。

 

 

24時間利用可能なシェアオフィスの例:

リージャス(全国各地)
http://www.regus.co.jp/coworking-space

regus

 

 

co-ba shibuya(渋谷)
http://tsukuruba.com/co-ba/shibuya/

coba

 

 

保育施設が併設された子育てママに優しいシェアオフィス

 

前回のコラム子育て中や介護中でも働きやすい!シェアオフィスを実際に使っている人の声でも

話題に出てきたオフィスです。

 

「保育」というコンセプトの元運用されているシェアオフィスは、

ワークスペースにキッズルームや調理室、授乳室などが併設されていることが特徴的です。

 

今は、女性向きという印象の強い子育てシェアオフィスですが、

今後男性の育児参加がもっと進めば、それに応じたオフィスも登場するかもしれませんね。

 

子育てママに優しいシェアオフィスの例:

HatchCowork+KIDs(赤坂)
http://www.hatchcowork.com/index.html

hatch

 

 

 

 

専門性抜群のシェアオフィス

 

シェアオフィスの中には、

「料理を仕事にしている人のためのシェアオフィス」

「ハンドメイドを生業にしている人のためのシェアオフィス」というオフィスも存在します。

 

厳密には、料理人じゃないと借りられない、

手作りアクセサリーを作っていないと借りられないというわけではないのですが、

そういう仕事をしている人にとっては便利この上ないシェアオフィスとなっています。

 

例えば、料理を仕事にしている人が集まるシェアオフィスでは、

様々な料理器具が完備されたキッチンやたくさんの料理に関する本が置いてあります。

 

ハンドメイドを生業とする人が集まるシェアオフィスには、

業務用のミシンや小物、関連書籍完備といった

まさに関係者にはヨダレもののシェアオフィスとなっています。

 

 

 

専門性ばつぐんのシェアオフィスの例:

STOCK(品川)
http://www.stock-takanawa.jp/

stock

 

coromoza(原宿)
http://za.coromo.jp/

coromoza

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

「そうそうこれがシェアオフィスだよね」というものから、

「こんなものまで?」と驚くようなシェアオフィスまで、

実に色々なコンセプトのシェアオフィスがありましたね。

 

今まで、シェアオフィスのイメージといえば、

一部の意識高い系の人やクリエーターが使うというイメージが先行していたかもしれません。

 

しかし、今日では、目的や用途に応じた様々なシェアオフィスが登場しています。

是非あなたも一度足を運んでみてはどうでしょうか。

 

さて、次回はシェアオフィスの最終回です。

シェアオフィスが広まることで働き方や生活がどう変わっていくのか?

皆さん一人ひとりにとって、どんな良いことがあるのか?

シェアオフィスの未来について考えたいと思います。

 

ARCHIVE
関連記事
新着記事