SDGs

オフィスの3R活動

皆さんこんにちは、オフィス・ラボです。

今回は、『オフィスの3R活動』についてご紹介いたします。

当社のSDGsの取り組みについては下記リンクをご参照ください。

https://www.officelab-ka.com/news/6917/

 

 

▼3Rの推進

 

3Rとはリデュース(Reduce)・リユース(Reuse)・リサイクル(Recycle)のことです。

この活動を行うことでゴミを減らし、

限りある地球資源を有効に繰り返し使う社会(循環型社会)を作ることが目的です。

世界的にもゴミ問題は深刻な問題として取り上げられており、

最近では海洋ゴミの中でもマイクロプラスチックの問題も話題となっています。

 

SDGsの目標12「つくる責任使う責任」

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」

などに該当する取り組みです。

 

【メリット】

限りある資源の有効活用、世界的なゴミ問題への貢献。

 

【具体的な対策】

Reduce:

製品を製造する時に使う資源の量を少なくすることや、廃棄物の発生を少なくすること。

 ・詰め替えや簡易包装の製品を選ぶ

 ・ペーパーレスや文書電子化

 ・利用頻度の少ないものはレンタルやシェアリングシステムを利用

 ・耐久性の高い製品や省資源化設計の製品を選ぶ

 ・プラスチック製品を使わない

 

Reuse:

すぐに捨てるのではなく何回も繰り返し使用すること。

 ・マイ箸、マイカップ、マイボトル、マイバックの推進

 ・使用済み用紙など裏紙が活用できる紙や使用済み封筒は再利用する

 

Recycle:

廃棄物などを原材料やエネルギー源として有効利用すること。

 ・リサイクル可能なオフィス機器や用品を優先的に購入する

 ・シュレッダー処理紙をリサイクルする

 ・ごみの分別の徹底

 ・リサイクル製品を積極的に利用する

 

 

 

▼年末カレンダー寄付活動

 

オフィス・ラボでも何か3Rに貢献できないかを考えた結果、

毎年発生する各社様とのご縁の印ともいえる数多くのカレンダーを活用しきれていない問題が上げられました。

活用できずに困っている企業様も多いのではないでしょうか。

 

 

そこで、『Reduce』の視点で「年末カレンダー寄付活動」の実施を検討しております。

調査を行うとカレンダー寄付ができる団体や福祉施設が身近にあることがわかりました。

そのままカレンダーとして活用する例や保育園等に寄付されお絵かき用の紙として使われる例などがあるようです。

 

ぜひ皆さんもオフィスで取り組むことができる3Rについて考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

ARCHIVE
関連記事
新着記事