NEW
デザイン

<DESIGNER'S REPORT>~サスティナブル・ファニチャー~

こんにちは、オフィス・ラボです。

「DESIGNER'S REPORT」はオフィス・ラボのデザイナーが、 デザイナー目線でオフィスにまつわる様々なことについて、考察していくレポートです。

 

今回は、サスティナブルな家具についてご紹介していきます。

 

サスティナブル(Sustainable)とは、

sustain(持続する)とable(〜できる)からなる言葉です。 「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味があります。

 

 

「サスティナブル(Sustainable)な社会」とは、

「持続可能な社会」を意味しています。

 

 

 最近CM等でも見かける「SDGs」で、耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

 今回はそんなサステナブルな家具を4つの視点から分類し、 それぞれについて紹介をしていきたいと思います。

 

 

 

・サスティナブルな家具とは?

・作る責任、使う責任って

 

 

 

サスティナブルな素材、リサイクルしやすいデザイン・素材の選定
製品が分解・再利用可能かどうか、そして素材のライフサイクルを考慮し、実際に使われるであろう期間に見合っているかどうかが大切です。

 

 

持続可能(デザインの力)
単に丈夫、エコ素材なだけではなく、長く使ってもらえる、次世代に引き継いで使ってもらえる優れたデザインも持続可能と言えます。

 

 

保存と修理
使う製品の寿命を延ばすことがいかに大切か。

複雑な構造、仕上げではなくリペアーしやすい事も重要です。

 

 

 

サスティナブルな素材(再生可能な素材)

 

木材:加工が容易である。

1トンの木材を生産するのに、天然乾燥製材であれば、炭素に換算して30kgを放出しますが、コンクリートが50kgで1.6倍、鋼材が700kgで23倍、アルミニウムが8,700kgで290倍と、いずれも環境への大変な負荷をかけています。いずれにしても、木材に代わるほかの材料を使えば、地球環境への影響は極めて大きいことを示しています。

 

 

ファニチャーリノリューム

アマニ油など天然の原材料から作られた自然素材。

抗菌・抗ウイルス・脱臭・抗アレルギー性に優れており、 「ヒトと環境にやさしい」家具材として、最近注目されている素材です。

アマニ油が酸化する過程でこれらの効果があることが科学的に実証されており、北欧ではサスティナブルな家具材としてよく使われています。

レザーの代用品として使用される例が一般です。

 

 

サスティナブルボード                                                                                  


廃棄処分されている衣類を回収・リサイクルして作られるエコ素材です。

 

 

 

 

MDF(Medium Density Fiberboard)

MDFは、木材を繊維状にほぐし、接着剤などを配合してボードに成型した「繊維板」の一種です。欧米において木質資源の有効活用を図るために発達しましたが、近年日本においても、優れた品質特性から注目されています。

 

 

 

ダンボール

段ボールの主な原材料は、段ボールの生地となる『段ボール原紙』と接着用の『糊』です。『段ボール原紙』の原料は『古紙』と『パルプ(木材)』です。
段ボールに使われる『パルプ』は、適切に管理されている森の資源だけを利用しています。
糊の原料は『コーンスターチ』、つまり『トウモロコシ』です。

 

  

     

 サスティナブルデザイン(陳腐化しない優れたデザイン)

 

ペンダント照明 アーティチョーク (ルイスポールセン)1958  

 

 

スタンド照明 タリアセン  (フランクロイドライト)1911

 

Ychair (カールハンセン)1955 

 

 

 

 

バタフライスツール(柳宗理)1958

 

 

 

世代を超えて長く愛されるデザインもサスティナブルではないでしょうか。

 

 

修理して長く使える(補修・修復が可能なデザイン)

※木製家具に限らず革張りの家具などもVitra社や岡村製作所など国内外のメーカー各社張替え対応を行っています。

     

 

  Officelabサスティナブルファニチャーへの取り組み 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

いかがでしたか? サスティナブル(持続可能)な家具というと、リサイクル材など「エコな素材を使っている家具」のイメージが強かったのではないでしょうか? しかし、デザインの力で「世代を超えて長く愛用して頂けるデザイン」「修理やリサイクルが容易な造りになっている」など、いろいろなアプローチでサスティナブルな社会に貢献することが可能です。 我々オフィス・ラボも、サスティナブルな社会に貢献出来るよう、「SDGs」活動にも取組んでおります。

https://www.officelab-ka.com/column/7597/

 

 

 

これからの働き方、オフィスの利用方法をご検討中の方はもちろん、既存の什器のレイアウト変更から、新規什器の納品まで、皆さんと一緒に「サスティナブルなオフィスをデザイン」するパートナーとして、是非オフィス・ラボへお問い合わせ、ご相談下さい!

 

SDGsなオフィス創り | オフィス移転,レイアウト変更なら|株式会社オフィス・ラボ

www.officelab-ka.com

 

 

ARCHIVE
関連記事
新着記事