円滑なコミュニケーションで工事を進めるために内装工事・施工監理

円滑な工事進行と品質を担保した、施工監理を行います

床や壁、天井等の工事から、インフラ設備や什器の調達、そして引越し作業に至るまで、オフィス移転は多くの作業人員が関わります。工事期間中は、1日で多数の工事が同時並行で進むのも珍しくありません。さらに10〜20社に及ぶ関連業者間での連携が発生するため、綿密な施工監理が求められます。

「壁の中に配線を通したかったのに、通さずに壁を設置してしまった」「工程表に出てこなった工事が必要で、追加の予算が発生してしまった」といったトラブルを起こさないためにも、工程と品質を監督する施工管理は重要な業務です。

オフィス・ラボでは着工から移転完了までの限られた期間で、品質を担保しながら効率的に工事が進行するよう工程を監理し、お客様の要望通りに内装が仕上がるよう取り組んでいます。

お客様の代理人として監理を行き届かせます

監理が行き届いている現場と監理不行届きな現場では、同じ工事でも仕上がりはまったく異なってきます。たとえば、監理不届きな工事によっては、ドアの建付けが悪く閉まりにくい、壁の塗装が剥がれてきた等、オフィス引渡し時には気付きにくい欠陥が後々見つかることも起こりえます。

また、内装工事は多くの業者や作業員が関わるからこそ、密なコミュニケーションが重要です。伝えたつもりが伝わってなかった、業者間の連携が取れておらずに工事が遅延した、といったことは大いに起こりうることです。

内装工事の専門知識やノウハウがないと施工監理は難しく、業者コントロールはできません。無駄な時間やコストを費やしたり、想定外のトラブルを避けるためにも、オフィス・ラボではお客様の代理人として綿密なコミュニケーションを行い、スムーズな現場進行を実現します。

ビルオーナーや周辺テナントとの良好な関係性を構築

オフィス規模の大小問わず、内装工事は多くの手間と時間を要します。オフィス・ラボは、業界経験の豊富なメンバーが多数在籍しており、実際に発生する作業を具体的かつ幅広く把握しています。専門知識が必要なネットワーク構築や空調、防災、セキュリティ等の各種設備工事含め、抜け漏れのない工事の計画・監理を行います。

内装工事には、騒音、振動、また塗装による臭いの発生など、周囲へ影響をきたす作業内容があります。そのため、ビルによっては工事可能な時間帯が指定されており、事前にビル側との段取りが必要なケースもあります。周辺テナントへのご挨拶から、ビル管理者との工事交渉に至るまで、オフィス・ラボは、工事に間接的に関与する方々とも良好な関係を築きながら、内装工事を遂行します。