時間に追われず工事・移転を期日通り完了するためにスケジュール管理

各工程で誰が何をすべきか整理し、綿密なスケジュールを策定します

オフィス移転プロジェクトのスケジュール管理は非常に煩雑です。全体感を捉えたスケジュールだけでなく、工事工程や引越しなどの細かいスケジュール管理も必要となります。いつまでに各種業者からの見積りをもらい、いつまでに発注しなければならないか等、各工程で誰が何をすべきかを把握しなければなりません。

特に設計フェーズ以降はビルの管理会社、施工業者、各専門業者、さらには消防署や役所など、関係者も増えていきます。オフィス・ラボでは、お客様の希望する移転日にオフィス移転が完了するよう、抜け漏れのない適切なスケジュールを策定いたします。

想定外の事態を見越してスケジュールを管理します

オフィス移転ではしばしば予期せぬ事態が発生します。それらの出来事に都度対応していては、その場しのぎの対応となってしまいやすくなり、さらなるトラブルと労力を要してしまいかねません。オフィス移転で発生しうるイベントに対して、どれくらいの日数が必要であるかを予め見積もることは業界経験がないと難しいでしょう。

また、各業者との見積りの連絡や値段交渉には通常数週間を要します。工事を行うための発注リミットもあるため、適切なスケジュールを策定していないと、見積りを精査するための十分な時間をかけることができません。その結果、意に沿わない金額感での発注を余儀なくされるケースも起こりえます。

満足のいく内容で内装工事を進行させ、希望日に移転を実現するために、専門知識と豊富な経験を持つメンバーがスケジュールを策定し、実行管理します。

企業の承認・決裁フローを加味した、現実的なスケジューリング

オフィス移転プロジェクトはビル選定や内装デザインなど、お客様による判断が必要な項目が多く存在します。しかし、企業によって意思決定のスピード感は異なるため、移転スケジュールを組み立てるためには、お客様の企業を深く理解することが必要不可欠です。

オフィス・ラボではお客様ごとに専任チームを編成しています。初回打ち合わせから工事・移転完了に至るまで同一メンバーが担当いたします。お客様の企業における承認・決裁フローなどを加味したスケジュール策定・管理を行い、円滑なオフィス移転を実現いたします。